fc2ブログ

明日へと吹く風

朝からどんより天気で天気予報を見るたびに雨マーク。
いつ降るか、いつ降るかとドキドキしていました。
何でこんなに天気を気にするかというと今日は長男の引退試合。
雨の試合より、青い空の下でプレイしてほしいと祈り続けました。
昼過ぎから青空が広がり始め、ジリジリの太陽の下でプレイボール!
つい最近、はまりはじめた馬場さんの「BOYS ON THE RUN」が
球場に似合いすぎる!!と1人でテンションをあげつつ応援!!
yakyuu

長男はライトで5番。いつもならセンターなのに・・・。
相手は、結構、強いというチーム。
でも、力負けは全くしていないというか、むしろ押してる感じです。
ピンチは1回の裏にやってきました。
2アウトランナー無しのところに鋭いライナーの打球がセンターよりのライトへ。
恐れず、突っ込む長男にハラハラ。間に合うのかっ?!
ギリギリでダイビングキャッチ!
おお~っ!!ベンチから大拍手喝采。
わが息子ながらびっくりしました。

yakyuu 2

しかし、打撃が全くダメダメ。
所属チームは守りはいいのですが、相変わらず打撃が弱い。
相手のピッチャーは、さほどスピードもなく球も軽そうだから
打てるように見えるのですが、みんな打ち上げてしまうんです。
芯でとらえられないから当ててもボテボテだったり。
いつも長打の2番も調子があがらずヒットなし。
上位打線は全く打てず、下位打線が好調の様子に早めに上位で
ピンチヒッターだせばいいのになと思っていたのですが、最後まで
入れ替え無しでした。
なんとか相手のエラーで1点先行したのですが、その裏で乱れ、
あっという間にワンアウトランナー2、3塁で迎えるは4番バッター!
私なら満塁策を取るなぁと思っていたら、監督も同じ考えだったようです。
満塁にしての5番は粘ったあげくにセンター少し深めにフライ。
打撃の順番を考えれば、もう少し後ろに構えているはずのセンターが
前よりの位置に・・・これが痛かった。
追いつけずに抜けて2点。
そのあとライト線ギリギリに打たれて2点。
ワイルドピッチで1点。
あっという間に5点、捕られてしまいました。
最後の回も力むだけでボールは前に飛ばず、そのまま終了となりました。

明日からは受験という名の試合目指して練習スタートです。
土ほこりと日焼けで真っ黒の顔。
がんばった君たちの勲章です。
風に吹かれながら、スタンドの裏で流した涙。
その悔しさや想いをいつか力に、明日への風にできますように。
yakyuu 3


スポンサーサイト



馬場俊英ライブ(ネタバレあるかも)

久しぶりの更新です。
異動の内示が出てから、ばたばたと忙しい日々を送っていました。
その間に桜が散り、季節は初夏へと移っているのですが・・・
今朝は寒いですねぇ。

昨夜は、友人と渋谷のC.C.Lemonホールで行われた馬場俊英さんのライブに行きました。
数年前に紅白に出られた方なので、名前を耳にされた方もいらっしゃるかも。
私が知ったのは、北海道に住む心友の紹介です。
仕事とかプライベートとかで行き詰ったときに歌詞を送られました。
それから、しばらくして耳にすることがあり、いい曲だなぁと思うようになりました。
ただ、すごいファンというわけではなく、普通に聴く程度。
実際、3曲ぐらいしか知らないのにライブによく行ったなぁと自分でもびっくりです。
普段だったら、絶対にそんな無謀なことはしない(笑)

雨に煙る会場には、傘の花でいっぱいでした。
その人たちをみると男性の方が多いみたいで、しかも年齢層がかなり広く
平均年齢も大好きな浜田省吾のライブよりも上のようです。
確かに歌詞を聴いてうなずいて納得してしまうのは同世代の40代以上でしょう。
こういうシーンが自分の子供の頃にあったよなぁとかリアルに感じるもの。
ライブのMCの中で、馬場さんが僕の自慢は年齢層が広いことと胸を張って
おっしゃってるのを耳にして、こういうことがさらっと言えるのはすごいなぁと
思いました。

私たちの席は2階。
初めてこの会場に来たのですが、思ったよりも見やすくて良かったです。
馬場さんは、出だし深々とお辞儀をされてステージに立たれました。
このようなことをするアーティストは見たことがない。
あまりの律儀さにびっくりしました。
初めから終わりまで、作り物ではない感謝という感情がびっしりと
つまった仕草や言葉・・・人柄の良さがにじみ出ていたライブでした。
曲もほとんどが聴いたことがない状態でしたが、それでも十分に楽しめるライブで
終わった頃にはとりこでした(笑)
知っている曲が3曲ぐらいしかなく、その曲のほとんどを演奏してくださいましたが
ツアータイトルにもあるようにアコースティックバージョンのアレンジでした。
聞いたことがある曲もへぇ・・・こういう風に変わるんだ。
そのアレンジがまたいい感じで気に入ってしまいました。
DVDかライブ版のCDが出ないかなと本気で思ったくらいよかった。
必ず気になるのがステージライトの演出。
これまたとてもいい感じで、お金をかければいいっていうもんじゃないのを痛感。
森の中、広い公園の中で聴いているようなそんなイメージでした。
まだ発売されてない新曲の一部をみんなと歌いたいということで、突然、歌唱指導もあり、
歌い上げたワールドカップのイメージソングはとても楽しいひとときでした。
また、もう1曲、映画の主題歌になった新曲を披露してくださいましたがこれまた涙もの。
いやぁ・・・ほんとにいい。
浜田省吾もそうだけど、CDよりもライブの方が断然いい!!
ものすごく曲がいいんだけど、ギャップを感じる話もいい。
靴下に穴が開いていてラジオの収録の時に困った話をされていましたが、
普通のアーティストはそんな話はしない(笑)
それがいやみもなく、逆に身近に感じてしまうのは、やっぱり人柄なんでしょうね。
この話題で10分ぐらい盛り上がれるのは馬場さんぐらいかも。

数列後ろに座られた年配の方が1曲終わるごと、MCが終わるごとにつぶやくんです。
「遠くからご苦労さんだね」とか「やっぱりいいわ」とか
ひとりでTVを見ている人が画面に向かって答えているような感じ。
普段だとうるさいなっとか思うんだけど、それが全然嫌じゃない。
馬場マジックなんだろうな。逆にほのぼのしてしまいました。

あっという間に3時間のライブが終わって、浜田省吾ファンでもある友人とライブの
感想を話し合っていたんですが、昔の省吾に似てるよねが最初の一言。
今の省吾が無くしてしまったものを彼は持ってる気がすると言ったら
自分もそう思って見てたと友人が言ってました。
それは、省吾が悪いというわけじゃなくて、時代や年齢と共に自然と失ってしまう
不可抗力のものだと思います。
若いときに書ける曲を今書けと言われても無理でしょう。
そういうものです。
なんか、えらそうに言っちゃってるけど非難しているわけではありません。
しっかり省吾のことは好きだし。
でも、馬場さんも気に入っちゃったんだもん。
次のライブが発表されました。
抽選のようですが、頑張ってGETしようと思います。

植木市祭り

昨日は春らしくほのぼのとした1日だったのに、
今日は冬の寒さが戻ってきました。
暑さ寒さは彼岸まで・・・という言葉はどこへやら。
今年は花粉も飛んでいるのかどうなのか。
体質改善したとは思えないが、あまり症状はありません。
市販薬も使ったり、使わなかったり・・・
しいていえば、流行前からDHCのブルガリアンローズという
サプリメントを飲んでいることぐらいです。
花粉症の人がこれを飲んだら軽減したという話を
耳にして今年は試しているのですが、その効果かな?

先週、今週と資格試験が続きました。
内容については次回にでも書くことにして・・・
昨日は、病院帰りに植木市を覗いてきました。
どんどん縮小していっているような・・・
露天とフリーマーケットが半分。
前は、全部植木関係の出店が並んでいて目も楽しめたのにな。
個人的には、暑さに強くて色のきれいなものが欲しかったのですが
なかなかないですね。
歩きながら懐かしい香りに出会いました。
それは、子供の頃に庭にあった植物でした。
どうしても欲しくなって買おうとしたのですが店主が不在。
ちょっと席を外したのかな・・・で30分経っても不在。
そこの草花が欲しくて待ってたおばさんもイライラ。
孫のためにと植木を買おうとしてまっていたおじさんもイライラ。
商売っ気がないなら、帰っちまえ!とも思うんですが、
帰った瞬間に戻られたら悔しいし・・・で待つこと1時間。
やっと店主が戻ってきました。
みんなカンカンです。
なのに店主は「おれだって飯ぐらい食いたい」だの
「だれも待っててくれだなんて言ってない」だの
信じられない言葉が次々と店主の口から出てきます。
普通なら、まず「お待たせしてすみません」でしょ?!
席を外すなら、となりのお店の人に言付けを頼むとか
紙にお昼に行くのでこの時間帯は席を外しますとか
連絡先を書いて置くとか・・・
何一つしないで悪ぶったことを平気で言える神経。
人間性を疑いました。
おじさんが、いい加減にしろ!とその態度を叱ったら
「何この人、おかしいんじゃない?ねぇ?」
と指をさして周りに同調を求める始末。
当然、みんなは冷たい視線です。
あんたの方が、よっぽどおかしいでしょ。
1時間も待ったんだから、値引きしろという話も
「待てと言ってないんだから、値引きなんてしない」とか
ふざけてその金額以上の値段を請求する始末。
みんな本気で怒りはじめました。
最終的には値引きしてくれたんですが、気分の悪い買い物でした。
来年は、こういう業者を入れないようにしてほしいもんです。


目覚めを待つもの

金曜日からの雨がようやく上がり、午後からいい天気になりました。
先週からの凹み気分はなかなか卒業できず、沈んだまんまです。
いろいろ試してはみたのですが、なかなか元には戻りません。

実は20代の頃に2回ほど、うつになったことがあります。
1度目は就職して店長に1年間いじめられた時、2度目は出産した後。
しばらくぶりの感覚です。
息するのも嫌という感じ。
うつ友でもある大学時代の先輩に衝動的に手紙を送ってしまいました。
その先輩から昨日、電話がかかってきて1時間ほど話しました。
最初から、突き放すような言葉がバンバン。
死ぬなら死にやがれっ。でも、簡単には死なねぇぞ!
そして自殺の方法とその後の状態のレクチャーが始まりました。
お前は何がしたいんだとか、言ってることが矛盾しているとか
コテンパンに叩きのめされました。
これでもか、これでもか!!と言われ続け、心の中で私のことなんて
やっぱり先輩でもわかるわけないっ!!
そんな怒りがわきあがってきました。
その時、先輩がお前、自分の気持ちなんてわかるわけないって思ってるだろ?
もろばれ・・・
そして更にいろいろ言われ続け、こいつ恨んでマジで死んでやろうかっ!
そう思いながら号泣してしまいました。
泣けば済むってのはかわらねぇなとか、お前泣かすなんて簡単なんだよとか。
その後で、問題を解決する方法をアドバイスしてくれました。
最後に「走るのを止めて立ち止まれ」と言われました。
暗がりで走るんじゃなくて、立ち止まって光を見つけろと。
暗い中で寂しいから、連絡をとってきたんだろ?
その時、そうなのか・・・と自分の姿が見えた気がしました。
誰かといると頼ってしまったり、弱い自分を見せたくなくて
1人で闘ってきた自分。
みんなに強いねって言われて、我慢して強い自分を演じ続けてきたこと。
電話をきった後も涙が止まらなくて、号泣しながら寝入ってしまいました。
30分ぐらい寝た後、胸の奥の奥で何かがいるのに気づきました。
その何かは少しづつ少しづつ大きくなってきています。
今日も胸の奥で殻から出ようといろいろ試しているもの。
それが今は何なのかわからないけど、いつかその姿に出会える日を
私は待っています。

不思議な話

朝晩の冷え込みはあるものの暖かくなってきました。
それと共に毎年必ず訪れる例の症状。
昨日の昼間から眼がかゆい・・・気がする。
今日は、眼が・・・かゆいっ!!
花粉が飛びはじめたようです。
そういえば、朝、くしゃみと鼻水がでたよなぁ。
帰りにドラッグストアで花粉症の目薬を買いにいったのですが
あまりに種類があって悩んでしまいました。
どれも効き目があるような文章でどれがいいんだか・・・
高いものを買っても自分と相性があわないかもしれないし・・・と
思うと更に迷ってしまいます。
結局、「日本初」という文章に負けてしまいました(笑)
「期間限定」「新発売」こういうキーワードに弱い私です。

さて、このところ悩むことが次から次へとわいて出て
精神的にガクッ!!ときてしまいました。
食欲もわかなくて3日で2キロ落ち。
新たなダイエット法!・・・と喜んでいる場合じゃありません。
体力が落ちて、仕事するのがやっとという感じです。
悩みに解決法があればいいのですが、1人でどうにかなるわけではないので
たくさんの時間がかかりそうです。
どうにもならなくて自分に負けそうで、もうだめだと思う自分と
もう1歩だけがんばろうと思う自分が闘っています。
寝ている時だけがなにものからも開放される時間です。
2~3日前が最悪で、もうどうでもいいやって思ってました。
どういうわけか、いつもいつも何も言わないのに本当にだめだと思った時に
遠くの心友からメールがきます。
この日も届きました。
朝から何通も何通も、3日間、写真で撮った景色付き。
ちょっと心の奥で明るい小さな火が灯りました。
それでもなかなか上向きになれずにいたのですが、仕事先でも
みんな何故かいつも以上に声をかけてくれて一人にさせません。
これって何なんだろう。

そして、今朝。
職場の建物にに入るときのこと。
入り口は自動ドアで2重になってます。
1つの自動ドアをくぐって5メートルぐらい入るともう一つ自動ドアがあります。
その一つ目をくぐって、二つ目をくぐろうとした時、自分の後ろに歩く人が
目の前の自動ドアのガラスに映りました。
何気なく、その人物を見た時、目を疑いました。
それは、信友でした。
いろいろ相談していたので、様子がおかしいから職場まできたのか?
でも、一度も職場にきたことはないし、くるなんて話もきいてません。
それに多忙な仕事を休んでまでくるなんて考えられません。
二つ目の自動ドアをくぐって振り返って唖然・・・
そこには誰もいませんでした。
いつも通りのスタイル、歩く仕草・・・ちゃんと足もありました(笑)
目の錯覚?幻?
もしかして、何かあったのかな。
不安になってメールをしてみました。
その時間、職場にいたけどなんで?という返事。
あれは何だったんでしょう。
中学生の頃に1回、幽体離脱したことがあるのですが、
私の方に出てきたのではなく、私が抜けちゃったのかな?
でも、時と場所を越えて抜けられるもんなんですかねぇ。
うーむ・・・謎です。
プロフィール

@CHIKA

Author:@CHIKA
一瞬、一瞬の時間と心を大事にしたいと思って作り上げています。
みなさんにとって息抜きできる場所になりますように・・・

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
FC2チャット
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング